• Facebook
  • Twitter
  • LINE

アスリート支援レポート

女子サッカー

プレナスなでしこリーグ

日テレ・ベレーザ

第8回 2018.04.13 [トレーニング・レポート] 2018年のシーズンが開幕!シーズンを通して戦えるカラダを目指し、リカバリーにこだわる!

シーズン開幕を迎え、日テレ・ベレーザの選手たちは、すでに新たな戦いが始まっています。今シーズンは新監督、新コーチを迎え、トレーニングも戦術も“新たなチャレンジのシーズン”と位置づけている模様。もちろん頂点を目指すことに変わりはありません。今回は、シーズンを良好なコンディションで乗りきるためのリカバリーをクローズアップします。

チームのトレーニングや試合をベースに、
コンディションを見極め、
体をフラットな状態に戻すことから

取材はまさに開幕直前。まず、田中美南選手のパーソナルトレーニングの現場にうかがい、藤田トレーナーと2人にインタビューを行いました。田中選手は開幕に向けてすでに臨戦態勢。夕刻からは、チーム練習が予定されていて、新しい監督のもと、試合を見据えて戦術やチームの連携などの密度の濃い時間が予想されます。

今日の田中選手のトレーニングは、どのような内容を?藤田トレーナー 基本はいつもと変わりません。まず、今のコンディションをチェックすることからですね。新しいフィジカルコーチのトレーニングを重ねているので、それをベースに、今の状態を見ます。表面上は変わりがなくても、目に見えない疲労が蓄積していることがあるので、それを念頭に置いてポイントをチェックし、フラットに戻してからトレーニングを行います。

それもコンディショニングの一環なんですね。田中選手、開幕に向けて今のコンディションは?田中選手 コンディションはいいです。トレーニングの大切さはわかっているのですが、やっぱり試合がやりたいですね。いつも開幕を心待ちにしている感じです。

インタビューに答える田中選手

田中選手は、前回のインタビューで、今年の課題に「カラダのケア」を挙げていました。今、どんなことをやっていますか?田中選手 リカバリーという点では、まずはお風呂に入ること。本当に疲れたと感じたときは銭湯に行って温冷交代浴をやるなど。かなり疲れも取れます。それから、家にグッズも揃えて、トリガーポイントのケアなどもやっています。以前から情報は知っていたけれど、今回初めて、継続して取り組んでいます。

そのほか睡眠や食事についての取り組みは?田中選手 睡眠は、いい布団、いい枕、真っ暗な部屋があれば十分です(笑)。食事は、あまりストレスを感じたくないので、気にしないで好きなものを食べます。でも試合前に炭水化物を摂るようにするなど、基本的なことはやっています。

通常の1週間のスケジュール

通常の1週間のスケジュール

シーズン中のリカバリーで気にかけることはどんなことですか?藤田トレーナー シーズンが始まると、週末が試合です。前日の金曜日はその準備の日ですからトレーニングはしません。試合が終わって、毎週月曜日がオフ。この日は何もやらないので、火曜日から木曜日までの3日間がトレーニングの日になります。そうすると、試合に出た人、出ない人でも状態は違うし、雨の試合だったらその影響などもあるかもしれない。いろいろなことを考えて火曜日に状態を見てトレーニングメニューを決めます。

その人の、その日の状態に応じて、すぐにトレーニングメニューが決まるのでしょうか?引き出しがいっぱいないと・・・藤田トレーナー そうですね。あらゆることが想定されるのですが、トレーニングは3日と決まっている。火曜日はその前の調子を見てリカバリーが必要だし、木曜日は試合が近づくので徐々に上げていきます。3日間すべてやることが違うから、なるべく引き出しはたくさん持っていたいと思っています。

インタビューに答える藤田トレーナー

遠征のときなどは、コンディショニングはどうするのでしょう?藤田トレーナー 基本的にはチームトレーナーがいるので全く問題ないのですが、やはりアウェーは疲れますよね。試合後すぐにシャワーを浴びて新幹線に乗り込むこともあるので。
僕のほうは、試合を見てもなかなかコンディションはわからない。オフの後、火曜日に初めて知ることがたくさんあるので、コミュニケーションも大事ですね。まあ、会った瞬間に疲れている、調子が悪そうとか、寝起きだなってわかりますが。顔に出るので(笑)。

田中選手 あ、それは私のこと?(笑)

談笑する田中選手と藤田トレーナー

新たなトレーニングや戦術に慣れ、
それを実戦に活かしていくシーズン。
コンディショニング面も
一人ひとりの戦いが始まっている

これから、試合とオフと、リカバリー&トレーニングの繰り返しが始まります。
続いて、4人の選手の皆さんに、現在のコンディションと、チームトレーナーのメンテナンスや、ティップネスのトレーニングを受けたうえで、自分なりに家でどんなことを心がけているかを聞きました。そして新たなシーズンの決意も!

上辻佑実選手

上辻佑実 選手

今の状態はいかがですか? 開幕前、新しいフィジカルコーチのもとで、かなり筋トレが増えたんです。初めてのトレーニングも多く、鍛えていなかったところも負荷をかけて、めっちゃきつかったです。でも、だんだん慣れて、今、コンディションはよい状態になっています。あの筋トレの成果があったかな、と実感するところがあります。

日常のリカバリーではどんなことを? どんなに疲れても、シャワーで済ませてしまいたいと思うときでも、入浴してちゃんとお湯に浸かるようにしています。それだけでも違います。それから、寝る前のストレッチも始めました。そのままスーッと眠ってしまうときもあるくらい(笑)。効果があるんだと思います。

今シーズの目標は? 昨シーズンに満足はしていません。自分の持ち味はキックだと思っているので、今シーズンは、それを最大限活かしたプレーでチームに貢献したいですね。

隅田凜選手

隅田 凜 選手

昨年、フィジカルで負けない強さを身につけたいと言っていましたね。 シーズンオフの間のトレーニングは本当にきつかったです。でも、チームのトレーニングも、ティップネスのトレーニングもいろいろなことを積み重ねてきたところなので、それなりにパワーがついてきたと思います。チームメートにも、多少、それを感じてもらえているのかな、と思っています。

普段のリカバリーはどんなことに気を使っている? 入浴などは、私も同じです。特にオフの日などは切り替えて、ストレスを溜めないようにしています。それから、パワーのこともあるし、たんぱく質の補給などはしっかりやるようにしています。

今シーズンはどんな目標を立てていますか? ゴールやアシストで、しっかり結果を出していきたいです。新しいチームとしてスタートするので、試合でどうなるかわかりませんが、1試合ずつ重ねるごとに、しっかり上げていくことができると思っています。

中里優選手

中里 優 選手

お話を聞くのは初めてですね。まず、ティップネスのトレーニングを始めてから変化はありましたか? 最初は頭とカラダが一致しないというか、カラダの動かし方がわからなかった部分があります。でも今は、プレー中に「こういう動きだ」って意識できるようになって来ました。今シーズンのゲームで成果が表れるといいな、と期待しています。

カラダのケアについては、どうですか? 実は、トレーニングのグッズを部屋にいっぱい持ってます(笑)。よさそうだと思うとすぐ買って試してみるし、よければみんなにすすめます。自分なりにいろいろ試して、入浴後の時間をリカバリーにあてています。

今シーズンを、どう戦っていきますか? 私は開幕などで、すんなり入れるタイプではないのですが、コンディションも、チームのまとまりとしても、今、どんどんレベルを上げていく時期だと思います。個人的には、プレーの幅を広げていきたい。そして、先シーズンの自分を超えたいです。

隅田凜選手

岩清水 梓 選手

開幕を迎えて、今の気持ちと、コンディションはどうですか? 開幕は、毎年楽しみと不安の両方があります。感じることはいつも同じようでいて違いますね。コンディションはいいです。

普段、コンディショニングで特に意識していることは? もう何年も前から食事は毎日きちんと3食、栄養バランスを考えて摂っています。選手である以上は必要なことだと思っているので。
コンディショニングについては、シーズン中は月曜日のオフの後、火曜日のティップネスのトレーニングでスイッチが入る感じ。トレーナーにメンテナンスをかけてもらうことで、いい状態でトレーニングに入れる、それが大事ですね。パーソナルトレーナーについてもらうようになって3年目です。毎週状況に合ったリカバリーができているからこそ、今、やれているんだと思います。そうでなければ、続けてこれなかったかな。

今シーズンの抱負を聞かせてください 昨シーズンは全試合出場できたので、今季も継続して全試合、コンディションもよい状態で戦いたいですね。
今シーズンはサッカーの理論も取り組み方も変わり、私の仕事も変わるので新たなチャレンジの年。ミスもあるでしょうが、全く新しいサッカーに取り組めるのは楽しみです。新生、日テレ・ベレーザをグラウンドに見に来てほしいです!

一人ひとり自分のコンディションを見極める
ことが正しいリカバリーの第一歩。
それが次のトレーニングや試合につながる!

選手の皆さんの話からは、新しいサッカーに取り組む意気込みやチャレンジへの熱意が伝わってきました! 最後に、チームを引っ張っていく立場となった田中選手に、今シーズンの展望を聞きました。

田中選手はキャプテンに就任されましたね。田中選手 びっくりしました。みんなもびっくり(笑)。でも、自分を成長させてくれるいい機会じゃないかと思って受けました。

キャプテンとしては、どのように戦っていきますか?田中選手 今までは、だいたい自分の考え通りにやってきたけれど、チームのことに気を配るようになれれば。試合中、うまくいかない時間帯や雰囲気が悪いとき、調子の悪い選手がいるときなど、いろいろあると思うので。うちは若い選手もしっかりしているので安心ですけどね。

今シーズンの抱負を聞かせてください。田中選手 個人的な目標は、前回のインタビューでお話ししましたが、とにかく1試合1試合大事に、プレーでも、気持ちの面でもチームを勝たせることができる選手になりたいです!

関節のストレッチをする田中選手と藤田トレーナー

今シーズンの日テレ・ベレーザについて、どんなサポートを?藤田トレーナー 今シーズンの日テレ・ベレーザは、いい意味で発展途上の部分もあるわけで、新しいチームの戦いは楽しみです。
まず、選手たちには早く自分なりのやり方やペースを見つけてほしいと思います。長く携わっているチームですが、選手たち一人ひとり、今年は去年と違います。レギュラーかどうか、代表チームとの兼ね合いや、カップ戦を戦う選手など、それぞれに状態が異なるし、本人の成長の度合いでも変わってくるので、それに応じて疲れを取り除いたり、休んだり、ふさわしいトレーニングを見つけていくわけです。
本人が今年どういうプレーを望むかによってもアレンジが必要になります。できるだけ個人個人に合ったサポートをしていきたいと思っています。そのうえで、ケガなくシーズンを乗り切って勝利を重ねてほしいですね。

では、アスリートに限らず、疲れているときや、久しぶりのトレーニングなど、コンディションについてアドバイスをお願いします。藤田トレーナー 基本的な考え方はアスリートと変わりません。例えば毎日のコンディションには睡眠が大切ですが、それなりの入り方があります。入浴は1時間〜30分くらい前がいいとか、夜食なら炭水化物は消化時間を考えて寝る3〜4時間前までに摂るとか、あまり激しい運動はしないほうがいいなど、質の高い睡眠をとるにはその前に何をどうやるかが大事なんです。
田中選手が交代浴の話をしていましたが、これに効果を感じない人もいる。すべて、一人ひとり違った状態であり、合うものも異なるので、まずそれを知ることです。ティップネスには調子測定機がありますが、その時々の状態を測定するのもいいのでは。調子に応じたトレーニングやリカバリーをすることが大切です。そのときの満足だけでなく、次の日、そのまた次の日のコンディションがきっと変わってくると思います。

インタビューに答える田中選手と藤田トレーナー

この取材直後の開幕戦で、日テレ・ベレーザは初戦勝利をもぎ取りました。
新しいチームの活躍を期待するとともに、選手たちが、コンディショニングの取り組みをどのようにシーズンに活かしていくかにも、興味が湧きます。次回のレポートをお楽しみに!

page top