• サイトマップ
  • お問い合わせ
社員を知ろう

社員インタビュー

就活に本気で取り組んだら、やりたいことが見えるようになった。 ティップネス鴨居店 渥美 修斗 1年目2016年入社

渥美 修斗

面接官の言葉で目が覚めた

ティップネスでの面接は、今でも忘れられません。実は、僕は店舗見学すらまともにせず、説明会に参加した流れで面接を受けたんです。そんな意識の低さを見抜いた面接官から「渥美さんは、渥美さんのようなスタッフに接客してもらいたいですか?」と聞かれて、「接客してもらいたくない」と答えてしまって…。ところが翌日、次の面接に進んだ連絡が来たんです。人生を左右する就職活動に、本気で向き合えていない事実に気づかされ、本当に目が覚めました。その後、関西のティップネスと競合他社のジムすべてを見学し、企業理解を深めました。

サッカーに代わる大きな誇りに

幼稚園から大学4年生まで、僕はずっとサッカーをやってきて、大学時代はプロになることも考えていたほど。
そんな僕がティップネスに入社したきっかけは、店舗見学に行ったときのスタッフが輝いて見えたことでした。入社してからは、仕事もサッカーと同じように本気で取り組んできました。これからは、ティップネスがサッカーに代わる大きな誇りになりそうです。一緒に働く現場スタッフから信頼される社員になれるよう、がんばっています!

充実感に満ちた子どもたちの指導

今は横浜市のティップネス鴨居店で、子どもたちにスイミングを教えています。最初は先輩のサポートでしたが、今では幼児から小学6年生までをひとりで任されるようになりました。時間配分や進め方で戸惑うこともあったものの、先輩に相談したり自分なりに考えたりして改善してきました。また、楽しくレッスンを受けてもらうことが上達の近道でもあるので、家では子ども向けのテレビ番組を観るなど、子どもたちの目線で接するよう心がけています。