• サイトマップ
  • お問い合わせ
社員を知ろう

社員インタビュー

レッスンを磨きながら、仕事の意義と目標をあらためて見つめなおす。 ティップネス宮前平店 高橋 彩 4年目2014年入社

高橋 彩

思いを叶えるためにインストラクターに

スポーツを仕事にしようと思ったきっかけは、大学時代にハマったエアロビクス。とくに、大学のプロジェクトでエアロビクスを指導した初心者の方が楽しそうにステップを踏む姿を見て、多くの人にその魅力を知ってもらおうと決心しました。就職活動では、大手フィットネスクラブを複数見学。なかでも、インストラクターの養成に力を入れているティップネスなら、自分の思いを叶えられると考えました。

お客様のご家族まで幸せにする仕事

ある日、レッスンを担当しているご年配のお客様から声をかけられました。 足腰が衰え、レッスン開始当初はしっかり歩くことも難しかったのですが、「高橋さんのアクアプログラムを続けたおかげで、念願の山登りに家族で行けたのよ」と言っていただけて。レッスンにはお客様の身体を変えるだけでなく、お客様のご家族をも幸せにする力があることを知りました。少し大げさかもしれませんが、お客様の未来や人生を変えられたことは、私にとっての誇りですね。

自分のアイデアを提案できる社風

会社全体でみれば、私は経験が浅い方。でも、ティップネスには、新しいアイデアをどんどん提案できる社風があるんですよ。たとえば、宮前平店には溶岩浴の設備があるので、その特性を活かして、女性ならではの冷え性を改善するプログラムや、仕事帰りに立ち寄って上半身の疲れを取るショートプログラムなどを提案したいですね。また、レッスン内容だけでなく、レッスンを行なうスタッフの質を向上させるためのアイデアも積極的に考えていきます。