• サイトマップ
  • お問い合わせ
仕事を知ろう

キャリアステップ

キャリアステップ

ティップネスには、「総合職」と「専門職」という2種類の職種があります。常にお客さまの反応が届くところで仕事をしたいという方は「専門職」、幅広い視野をもってフィットネス事業に関わりたいという方は「総合職」と、フィットネス事業にどのように関わりたいかによって、選ぶ職種を変えてみるのも良いかもしれません。 働いていくなかで仕事に対する考え方や目線が変わることもあるので、ティップネスでは「専門職⇒総合職」「総合職⇒専門職」に職種転換を行うことが可能です。

キャリアステップ ジョブローテーション

PAGE TOP

わたしたちのキャリアステップ

先輩たちは、これまでどのようなキャリアステップを歩んできたのでしょうか?今後のキャリアステップや、将来の夢もあわせて聞いてみました。キャリアステップを考える参考にしてみてください。

インタビューを読む

養成コースを経てインストラクターデビュー

週3回のインストラクター養成コースに通い、エアロビクスやアクアレッスンの指導スキルを学びました。週2回の店舗勤務の際は、ジムでのマシン案内や、キッズスイミングのレッスンなどを担当していました。

インストラクターとしてキャリアアップに励む毎日

現在は、スタジオレッスンやアクアレッスンを主に担当。受け持てるレッスンのカテゴリーを増やすために、さまざまな研修にも参加しています。また、ジムでのカウンセリングや祝日スケジュールの作成なども行っています。

理想のインストラクターを目指して

たくさんの方を笑顔にできる、そんなインストラクターになりたいです。

この先輩社員のインタビューを読む
インタビューを読む

入社初年度からさまざまな業務を担当

ジムやフロントなどの現場業務を幅広く担当しながら、基本のトレーナー業務、ダンスやスイミングスクールの講師なども担当。お客さまと身近に接して、運動の楽しさを伝えられる仕事にやりがいを感じました。また、物販や水泳マスターズの運営管理など、現場の業務以外も幅広く経験しました。

新業態の店舗の立ち上げスタッフに抜擢

新店の開業準備業務として、採用したスタッフの研修から現場オペレーションの構築、ジムサービスの立案などを経験しました。新業態の店舗の立ち上げということで、店舗のメンバーとともに試行錯誤の毎日。なんとかオープンできたことに達成感を覚えました。

チーフに昇格するも、業務の両立に苦戦し葛藤

チーフに昇格し、ジムトレーナーとしての現場業務とマネジメント業務の両立に苦戦し、悩みました。この時の経験のおかげで、少しずつ、経営的な視点で仕事に取り組もうという意識が持てるようになりました。

海外視察も経験し、フィットネスビジネスの最先端に触れる日々

ブランド店である丸の内スタイルとティップ.クロスの、ジムのサービスやスタジオプログラムの新規開発業務を担当。海外視察の際に訪れた大規模なコンベンションで、最先端のコンテンツや新しいトレンド情報を収集でき、とても勉強になりました。これからも、お客さまに喜んでいただけるような商品開発に取り組んでいきたいです。

運動の楽しさや必要性を啓蒙し続けていきたい

日常生活のなかで当たり前のように運動をする人が増えるよう、運動の楽しさや必要性を今後も啓蒙し続けていきたい!そして、そのように感じてもらえるような商品をたくさんつくっていきたい!

この先輩社員のインタビューを読む
インタビューを読む

サブマネージャーとして現場とサービス業務を両立

現在のチーフ職であるサブマネージャーに昇格。レッスンやジムでの現場業務だけでなく、物販をはじめとしたサービス業務でも、若手スタッフの手本となるべく業務に取り組みました。

支配人として店舗を切り盛りしながら、新規店舗の立ち上げにも参画

昨年から配属されていた木場店で、サブマネージャーから支配人に昇格。責任者として店舗運営を担いながら、新規店舗の立ち上げ業務にも携わりました。

はじめての本部勤務でエリア統括を担当

入社12年目にして、はじめて本部に異動。これまでのような1店舗の運営ではなく、エリア全体を統括する立場になりました。

全社活動の推進から予算の立案まで、企業運営の基幹業務を経験

異動した営業推進部では、全社活動推進、販促、会議運営、予算立案などの業務を担当。これまで以上に会社全体を見る立場になり、たくさんの経験を積むことができました。

この先輩社員のインタビューを読む

PAGE TOP

キャリアステップをサポートするティップネスの多彩な研修制度

ティップネスでは、社員のキャリアステップをサポートすべく、職位別、役割別、担当別等にさまざまな研修を用意しています。また、「キャリアパスナビゲーターシステム」という、個人毎のスキル・知識レベルを把握するシステムを導入しています。上司と目標を設定し、DVDなどの研修ツールを活用し自己学習する方法も用意され、さまざまな方法でスキルアップをサポートしています。このようなツールを活用して、自ら色々なことにチャレンジする心構えがティップネスでは求められています。

  • ・新入社員研修
  • ・フォローアップ研修
  • ・各種オペレーション研修
  • ・各種プログラム研修
  • ・リーダーシップ研修
  • ・各種プログラム研修
  • ・各種マスタートレーナー研修
  • ・各種プログラム研修
  • ・各種マスタートレーナー研修
  • ・各種マスタートレーナー研修
  • ・新任チーフ職マネジメント研修
  • ・ヘルスコミュニケーション研修
  • ・モチベーション
    マネージメント研修
  • ・新任支配人研修

レッスンスキルの習得

  • ・新入社員研修
  • ・エアロ、アクア養成コース
  • ・フォローアップ研修

レッスンスキルの向上と担当領域拡大

  • ・グループエクササイズマスター
    トレーナー研修
  • ・商品管理研修
  • ・各種プログラム研修

所属店舗人材育成と商品管理

  • ・ジムマスタートレーナー研修
  • ・スイム(KIDS)マスタートレーナー研修
  • ・人材管理研修

複数店舗人材育成とプログラム開発

  • ・ヘルスコミュニケーション研修
  • ・指導者育成コース
  • ・プログラム開発研修

養成コース講師とプログラム開発

  • ・指導者養成コース

PAGE TOP