食べながらやせよう!知っておきたい「いつ食べたらいいか」

食べながらやせよう!知っておきたい「いつ食べたらいいか」

  • 全年代
・毎日を元気に過ごしたい
・時間栄養学
・食行動
・ダイエット
・食べながらやせる

ダイエットするためには今までの生活習慣から、運動と食事を変える必要がありますが「何を」食べるかと同じくらい大切なことが「いつ」食べるかという「食行動」を変えることで、今まで食事を減らすだけではうまくいかなかったダイエットが、食べながら効果アップすることが出来ます。
食事を減らすだけのつらいダイエットからはサヨナラしましょう。

CONTENTS

夜遅い食事はなぜ太りやすい?

夜遅い食事はなぜ太りやすい?

テレワークで運動する機会が減った、自粛生活で外に出ることがなくなったという方は以前と比べて、一日の活動量が減ったけど、食事はそのままかむしろ増えて体形が変わってしまった方も少なくはないようです。
痩せようと思って運動を再開、食事も食べ過ぎていた食事も減らそうとダイエットを始める方も多いと思いますが併せて、いつ食べるのかを変えると効率的にダイエットすることが出来るのでお勧めです。
今回はダイエットのために重要な「いつ食べる」についてご紹介します。

夜遅い時間の食事は太りやすいの?

「夜遅くに摂る食事は太りやすい」と言われていますが、なぜでしょうか?
人のカラダには「体内時計」という機構があり、朝、目覚めて、夜は眠くなるというのはこの体内時計をコントロールしているのが、「時計遺伝子」と呼ばれる遺伝子で時計遺伝子は時間に正確で、日頃の生活のリズムから、食事をするタイミングで消化酵素が出るよう準備をしてくれているので、食事をしてもスムーズに消化できるという優れモノです。逆に生活リズムが乱れると、消化酵素が足りなくなったり、必要のない時にあったりと消化不良や体調不良を起こす原因にもなったりします。

時計遺伝子の中には体内の脂肪蓄積にかかわる時計遺伝子があります。
この時計遺伝子は朝・昼は量が減り、夜10時から午前2時の間に増えるという性質を持っています。
そのため昼間はちょっと食べ過ぎても脂肪は蓄積されにくく、逆に夜10時以降に食べてしまうと、脂肪として蓄積されやすいということになるので、夜遅くの食事は、やはり太りやすいといえるのです。

大事なのは正しい生活のリズム

大事なのは正しい生活のリズム

1日は24時間ですが、私たちのカラダに備わっている体内時計はおよそ25時間であることが分かっています。ただでさえ1時間のズレがあるのに睡眠不足や運動不足により、ズレが大きくなってきます。
体内時計が乱れると自律神経のバランスが乱れたり、ホルモンの働きが悪くなったりしますので、リセットする必要があります。

リセットする方法は簡単で、朝に太陽の光を浴びることと朝食を食べることです。
とくに、朝食は栄養バランスの取れたものが効果的と言われていて炭水化物やたんぱく質をきちんと摂りましょう。
朝食は体内時計をリセットさせるだけでなく、午前中の体温が上がり、活動量が増えてやせやすい燃焼体質が作られるのでダイエットにも効果的なんです。
食事を抜いたり、サラダだけの朝食は避けましょう

昼ご飯は、先ほどご説明した時計遺伝子の脂肪蓄積の働きが弱くなっているので何を食べてもOKですが、食べすぎには注意しましょう。
食べ過ぎたら夜の食事を軽めにするなど工夫しましょう。

他にもある食行動メソッド

他にもある食行動メソッド

食行動の中の「時間」についてのご説明をしましたが、他にも食行動に関するノウハウをいくつかご紹介します。

・定期的に体重を計測している
・体重が増えたら量を控えるなど、食事を調整する
・食べ過ぎ(飲みすぎ)の翌日は、食事量を減らす
・食事の時に空腹感がない場合は、軽めの食事にする
・便秘気味になったら野菜を増やすなど、体調に合わせて食事を調整する

今回、ご紹介した「食行動」と「運動」をセットにした8週間で効果を出す、有料シェイプアップパーソナルプログラム「ボディチェンジ」はティップネス各店で実施中です。

8週間で理想のカラダに近づけますので、今まで他のダイエット法をやったがなかなか効果が出ない方、短期的に効果を出したい方にはおススメです。

ボディチェンジはこちら

いかがでしたか?食べるのを我慢するだけのダイエットではなく食行動を変えることで、効率的にそして楽に行うダイエットで素敵なボディを作りましょう。

この記事は参考になりましたか?

はい

いいえ

最新記事をチェック!

ランキングランキング

目的